ホームヘルパーの利用方法


yuka-home_img_keikaku

サービスの利用を希望する方は、市町村の窓口に申請し障害支援区分について認定を受けます。

市町村は、サービスの利用の申請をした方(利用者)に、「指定特定相談支援事業者」が作成する「サービス等利用計画案」の提出を求めます。

利用者は「サービス等利用計画案」を「指定特定相談支援事業所」で作成し、市町村に提出します。市町村は、提出された計画案や勘案すべき事項をふまえ、支給決定します。

「指定特定相談支援事業者」は、支給決定された後にサービス担当者会議を開催し、サービス事業者等との連絡調整を行い、実際に利用する「サービス等利用計画」を作成します。

その後サービス利用が開始されます。

サービス需給要件を満たしているかの判断や申請書類の作成などは、とてもわかりづらいので、地域の「指定特定相談支援事業者」と相談しながら進めるのが一般的です。

「サービス等利用計画案」の作成や、利用中の「モニタリング調査」などでも「指定特定相談支援事業者」が必要となります。

「訪問介護ステーション湯羽花」は、併設の「指定特定相談支援事業所・地域相談支援センター湯羽花」と連携して、スムーズなサービス提供を行えます。

ご利用を思い立たれましたら、まずは、ご相談ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。