ともに生きる条例の交流会に参加しました。


◆◆◆ 投稿:介護部門 河野 龍児 ◆◆◆

blog_img_20131206_3

12月6日18:30~より亀の井ホテルで開催された、別府市障害者自立支援協議会条例制定作業部会委員の皆さんとの交流会へ参加してきました。

「別府市障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる条例」(通称;ともに生きる条例)が9月定例議会で全会一致で採択されたことにより作業部会も解散となりましたが、今回約3年もの長きにわたり一緒になって協議を尽くしてきた皆さんと労をねぎらいつつ、これからの条例の取組みについても楽しく話しをしました。

私河野も大変ご僭越ではございますが、乾杯の音頭をとらせて頂きましたが、先日より別府市内ではタウンミーティングも始まっており、これからは、啓発活動に力を入れながら市民のみなさんの本条例への理解浸透へ尽力していくことも確認されました。
 

お酒を酌み交わしながらの交流会と言うことで、日頃はなかなか聞くことのないお互いのプライベートな部分にも話しが及び、協議で話し合いを進めていた頃よりもずっと身近にお互いのことが分かった会となりました。(^-^

やはりお互いを知り理解するには、face to faceでお会いし言葉を交わし合うということは必要不可欠ですね。障害のある方への理解を促進するべく、私たち当事者の果たす役割はますます大きなものになりそうです。

来年4月の施行に向けて別府市民お一人お一人に届くよう、我々リフライ職員も活動の輪を広げていきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。